未分類

『取り扱い注意』佐藤正午

佐藤正午の『取り扱い注意』を読みました。
途中から面白さが加速する小説です!

取り扱い注意 (角川文庫)

◆どんな本?

・読み返しなく一気に読める本
・読み返して物語をしっかりと理解しながらじっくり読む本

本をこの二つに分類するとしたらこの本は後者です。
登場人物が多く、物語は時系列に並んでいないので、前のページに戻って確認したり、そんな手間のかかる小説です。
しかし中盤を超えたあたりから物語の全貌が明らかになりはじめ、途端に面白くなるんです!

主人公の鮎川英雄が物語を語ります。
一人称で進んでいく物語は最初に多くの問題を出し、少しずつ答えを教えてくれます。
その答えが増えていくにつれて物語全体が見えてくるようになり、面白さが増してくるんです。
この小出ししていく感じが巧妙で、読んでいる自分が少しだけ置いて行かれているような気分にもなります。
それでも中盤あたりから物語に追いつくことができて、面白くなったり、ドキドキしたり、忙しかったです笑
素晴らしい小説でした。

◆この本を読んで何を感じた?

私はあまり再読をしません。
とくに小説はほとんど読み返しません。
この『取り扱い注意』は中盤まで正直よく分からない小説でしたが、読み終えている今では最初から面白いと感じるでしょう。
試しに最初のほうだけ再読してみたら、序盤からめちゃめちゃ面白い。
分からない視点で読むという楽しさと、分かっている視点で読む楽しさ。
再読の魅力を教えてもらいました。
また時間を空けて再読してみます^^

余談ですが、、
Kindleで購入しました。
電子書籍は前のページに戻るのがやりづらいんです。
この本は“紙の本”で買ったほうがいいと思います!

最後までお読み頂きありがとうございました!
コメントお待ちしています^^

no title