未分類

睡眠時間を確保する方法

一般的に睡眠時間は7〜8時間が適正と言われている。

もちろん個人差がある。
そもそも睡眠の役割とは何だろうか。
大きく2つある。
1.疲労回復
睡眠している間に成長ホルモンが分泌される。
身体のあらゆる器官に分泌されることで、疲れた身体を修復する。
2.記憶整理
睡眠中は脳の中で、記憶の整理整頓が行われている。
これにより、記憶の定着ができる。
ちなみに勉強のあとに寝て、起きて復習することで、さらに脳に勉強したことを覚えさせることができる。
睡眠は生活を豊かにするために、とても重要だ。
では睡眠時間を確保するためにはどうしたらいいだろう。
ずばり、
寝る時間を決めること。

朝起きる時間は決めているのに、寝る時間を決めている人は少ない。
寝る時間を決めて、逆算して行動することで、睡眠時間を確保することができる。
就寝3時間前までに食事を済ませ、湯船に浸かることで、睡眠の質を向上することができる。
最適な睡眠時間は個人差があるため、色んな時間を試し、最適な時間を見つけて欲しい。
その時間、しっかり寝れるように、習慣づけることで、日中のパフォーマンスが上がり、より豊かな生活ができるだろう。

cat-3080966_1920