未分類

評価の基準 正しく評価される人が何気なくやっている小さな習慣

評価の基準を読みました。
3点のポイントをまとめましたのでご覧ください。

business-3190209_1920

①人をよく 「観察 」すること
心理学ではキャリブレ ーションと言います。
相手の言葉だけを捉えてはいけません。
表情、仕草、姿勢などの身体の動き、声のト ーン、大きさ、ペ ースなどにも心の声が出ています。
他人とのコミュニケ ーションを改善するには、相手からの言語以外のメッセ ージに、より意識を向けてみる必要があります 。


②視点を 「転換 」すること
組織で働くためには、自分だけの視点でなく、さまざまな立場にいる相手の視点で物事を考え、行動することが必要になります。
ともに働く部下、同僚、上司の視点になって考えてみる。
あるいは部署全体、あるいは会社全体、またお客様や業界の視点で考える。
そうすると、いままでは見えなかった新しい世界が開けるのです。
さまざまな視点で物事が考えられるようになると、自分を客観視することもでき 、
「評価されるためにやるべきこと 」がわかってきます 。

③自分に「 Y E S 」を出してあげる
人から認められるためには、まず自分を認めてあげなければなりません。
自分を認められない人、つまり自己肯定感が低い人は、自分だけでなく他者に対しても、批判したり、怒ったり、虚勢をはったりする傾向があります。
よって周囲との関係も、うまく築くことが難しくなります。
「正しく評価される」ようになるには、まず自分で自分を正しく評価できるようになる必要があるのです。

視野を広げ、相手に対する気遣いが重要だと思います。
仕事だけでなく、家族とのコミュニケーションにも同じことが言えると思います。
相手の立場になってみる、を実践してみましょう!

評価の基準 正しく評価される人が何気なくやっている小さな習慣