未分類

映画化もされている最高にカッコいい小説『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラー著

ハードボイルドの有名な小説家
レイモンド・チャンドラーの作品

探偵フィリップ・マーロウの
シリーズ6作品目です。




映画化もされている有名な小説で
日本語訳は数種類あります。

私は村上春樹さん訳の
ロング・グッドバイ』を読みました。

オーディオブックもおすすめです。
一冊目は無料で読めます^^

これがハードボイルドだ。

ハードボイルドとはこういうものだったのか!

全体的な雰囲気がレトロなバーにいるような
読み始めるとずっと読んでいられる。
静かに、ゆとりがあるときに読みたい本です。

とにかくフィリップ・マーロウのセリフが
いちいち格好いいんです!

余裕が感じられる。
冷静でいて、熱い!
でも上からくるものには腹が立ち、手を出してしまう。
それがまるで子供みたいで面白い。

細かい描写が多く、寄り道も少しあって、
物語が長くなっているところもありますが
気になりません。

圧巻の600ページ!!

この本は600ページあります。
それだけで「無理!」と思う方もいるでしょう。

でもそれを超える面白さがあります。
ずっと手元に置いて、繰り返し読みたい本です。
クールで、イカした世界観を味わってみてください!



<ブログ管理人:春風誠>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze