未分類

飲み会に行ったら仕事の話をするな

サラリーマンの皆様
いつもお疲れ様です。

飲み会誘われてますか?

わたしはかなり誘われます。

181101

上司との付き合い、同僚からの誘い
取引先の接待などサラリーマンにとって
飲み会は切っても切れない話です。

多くのサラリーマンたちは飲み会で
仕事の話をします。

いまのプロジェクトがどうとか、
あの上司がうるさいとか、
全然動かない新人がいるとか、
それ飲み会でする必要ありますか?
わたしは飲み会で仕事の話を
するべきではないと思います。
理由は2つです。

理由1:論理的な話ができない
飲み会の席では酒を飲むことが多いです。
アルコールが体内に入ると脳を麻痺させ
いつものような論理的な考え方をすることが
できなくなります。
結果的に感情的な根拠のない議論に
なりやすいのです。
そんな状態で仕事の話をしても無駄です。

理由2:時間の無駄
前述したようにまともな話ができない状態で
仕事の話をしても時間の無駄です。

ただ同じことを繰り返し話しているだけ。
そんな状況では何も生まれません。
もっと別のことにその時間を投資したほうがいいでしょう。
「わたしのおすすめ」
とはいえ、
飲み会に行かなければならない場面は
たくさんあると思います。

そんなときは仕事の話はせず、
相手にたくさん質問をすることを
おすすめします。

人は自分が中心なので
自分のことを話したがる傾向にあります。

相手のことをもっと知るための質問をして
信頼関係を築いて次に繋げましょう。

それと同時にビジネスのためのネタ探し
としても使えると思います。
例えば
休みの日に何をしているか?
何に興味があるのか?
どんな友達がいるか?
ハマっているものは?
感動したことは?
好きな映画は?

など、人の好きなことや興味があることを
知れば副業のネタになります。

わたしは個人的に飲みに行くのは
おすすめしません。

でも全てが無駄。
というわけではないと思います。

時間は限られています。
常に何かを得るという姿勢が
行動に繋がっていきます。
頑張っていきましょう!

以上です。