未分類

読むよりも聴くほうが頭に入った。

こんばんは!

私は読書が好きです。
とにかく暇があれば本を読みます。
181108

最近はスマホで読むことが多いです。
小説やビジネス書、哲学、教養書関係の
本をメインで読みます。

Kindle本を購入し
スキマ時間を見つけて本を読む。

本来なら本を持ち歩いていないと
読めないところですが
電子書籍ならスマホだけで読める。

だからこそ、スキマ時間を有効活用できます。
でも最近ハマっている本の読み方があります。
正確には「読む」ではなく「聴く」です。

オーディオブックです。

音楽を聴く代わりに本を聴く。
最初は文字ではないと頭に入らないと思っていました。

それはただの先入観でした。

素晴らしい本は紙の本でも電子書籍でも
オーディオブックでも問題ありません。
そしてさらに、
オーディオブックは文字ではなく音声です。

イメージとしては人から話を聞いているような感覚です。

講義を聞いている。そんな感じ。

集中して聴いていると頭に残りやすい。

そして音声でインプットしているので
音声でアウトプットしやすい。

これは意外な発見でした。

音声で聴くと
人に話すときに話しやすいんです。

話すと更に記憶に残ります。

そしてまた聴いて、話す。

これでどんどん知識が深まっていきます。
運転中でも満員電車でも、音楽を聴くような
感覚でインプットできるオーディオブック。

おすすめです!