未分類

決断は幸福度を上げる『優柔不断を1.49秒で治す方法』メンタリストDaiGo(Youtube)

メンタリスト DaiGoの
『優柔不断を1.49秒で治す方法』をまとめました。

↓動画はこちら
 

<メンタリスト DaiGo>
Youtubeチャンネル→https://www.youtube.com/user/mentalistdaigo

書籍→https://amzn.to/2vVnFb6
ブログ→https://daigoblog.jp/

<ブログ管理人>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze
書籍→https://amzn.to/2uyLaWW




たった1.49秒で決断する方法

僕たちは決断するときに迷います。
特に内容が重ければ重いほど。
じゃあどうすればいいのでしょうか?

決められない決断を
たった1.49秒で解決する方法があります。

それは
「コイン投げ」です。
※1.49秒はコイン投げをする時間

え?って思いますよね。
でも根拠があります。

最後まで読んでみてください。

決断したほうが幸福度は高い

ある経済学者が
「コイン投げサイト」
を作って公開しました。

そのサイトは決断を迷っている人に、
選択肢を入力する欄を作り、
入力し、コインでそれを選ぶ
という仕組みになっています。

そしてそのサイトの利用者を
追跡調査しどうなったかを調べました。

ちなみに多い悩みは

・仕事を辞めるべきか
・離婚するべきか
だったそうです。

このサイトを使った63%の人が
コイン投げの結果に従って決断をした。
(面白い結果ですね)

そして幸福度を確認しました。

すると
コイン投げの結果にかかわらず、
その決断を実行した人の方が
幸福度が高かったのです。
悩んでいるのであれば、
やったほうが良いという研究結果ですね。

さらに
悩みの難易度が高いほど
実行した方が幸福度が
高いと言うことがわかりました。



実は悩んでいる時点で答えは決まっている

人の悩みは、悩んでいる時点で
答えが決まっています。

必要なものを捨てようとは思いません。

悩みを悩みのまま頭の中に置いていくと、
定期的にそれを反芻し、
脳のエネルギーを消費してしまいます。

結果的に悩みの解決はできず
神経がすり減っていきます。

そして幸福度が下がってしまうわけです。

悩んでいるぐらいなら
決断をした方が良い。

もし、その結果が悪かったとしても
その人の学びに繋がります。

悩みが出てきた時点で、
脳はその決断をしたいと考えています。

それでも悩む理由は人間には
「現状維持バイアス」
というものがあるからです。

バイアスは思考のズレです。
そもそも現状がいいと思っていたら
人は悩みません。

現状を変えたいから悩むんです。

コイン投げはあくまでも
バイアスを打破する1つの方法です。
とくかく決断をして悩みから自分を救いましょう。

コイン投げはあくまでもバイアスを打破する1つの方法に過ぎない。

現状維持では成長はありえません。

少しずつでもいいからやり方を
変えていくことが大切です。

人から教わったことを
そのままやるのではなく、
少しずつ自分のやりやすい方法を
考えて実践していく。

これが現状維持に変化をもたらすポイントです。

おすすめ本『​ヤバい経済学』

おすすめ本

<紹介文>

銃とプール、危ないのはどっち?
相撲の力士は八百長なんてしない?
学校の先生はインチキなんてしない?
ヤクの売人がママと住んでいるのはなぜ?
出会い系サイトの自己紹介はウソ?
ウィキペディアは信頼できる?

アメリカに経済学ブームを巻き起こし、
400万部のベストセラーとなった話題の書。

犯罪と中絶合法化論争のその後や、
犬のウンコ、臓器売買、脱税など、

もっとヤバい話題を110ページ追加した増補改訂版。
amazonより




<ブログ管理人:春風誠>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze