未分類

人類を救う男イーロン・マスク『ジョブズを超える天才!イーロン・マスクの偉人伝を中田がエクストリーム授業!/中田敦彦のYouTube大学』

今回はイーロン・マスクについてご紹介します。
中田敦彦のYouTube大学』を参考にいろいろと調べました。

ジョブズを超える天才!イーロン・マスクの偉人伝を中田がエクストリーム授業!

<ブログ管理人>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze
書籍→https://amzn.to/2uyLaWW






イーロン・マスクの両親

父親は技術者・投資家として起業、息子と同じく成功をおさめた南アフリカ人です。
母親はモデル兼栄養士でモデル歴は50年という大ベテランです。
とても裕福な家庭で育っています。

12歳でソフトウェアの販売

イーロン・マスクは10歳のときのパソコンを購入し、独学でプログラミングを学びます。
そしてなんと12歳で商業用ソフトを販売し始めます。

12歳って小学6年生じゃないですか…
早すぎる。

大学院を2日で退学し、起業

少し時代が飛びます。
イーロン・マスクは1995年に高エネルギー物理学を学ぶためスタンフォード大学の大学院へ進みます。

しかしたった2日で退学するんです。

理由は起業するため。

弟のキンバル・マスクとともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業します。

この会社はのちにコンパック社のAltaVista部門に3億7百万ドルで買収され、イーロンは2200万ドルを手にします。

普通ならもうこれで終わるはず。
でもイーロン・マスクにとっては通過点にすぎません。

スペースX、テスラモーター

1999年にはオンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立
→1年後にコンフィニティ社と合併し、これが2001年にPayPal社となります

2002年に3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業

電気自動車会社であるテスラ社に投資し、同社の最初のモデル「0001」を自ら所有
→2008年10月には同社の会長兼CEOに就任

快進撃が止まりません。


迫りくる敵、テスラキラー

電気自動車を作っているのはテスラだけではありません。
EVベンチャーはたくさん出てきており、中国の力もどんどん強くなっています。

「化石燃料からの脱却」と「火星移住」

イーロン・マスクは人類の課題を解決しようと取り組んでいます。
それは「化石燃料からの脱却」と「火星移住」です。
これから世界がどうなっていくのか。
その最先端を走っているのがイーロン・マスクです。
今後も動向をチェックしていきましょう!

<参考>
イーロン・マスクが描く化石燃料ゼロへの道筋、「まず炭素税導入を」
イーロン・マスク「火星=お金持ちの避難場所という考え方は間違い」

<今回参考にした本>