未分類

読書メモ『決定力を鍛える チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣/ガルリ・カスパロフ』

今回はチェスの王者の本について読書メモを残します。

<ブログ管理人>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze
書籍→https://amzn.to/2uyLaWW




第1部 必須の技能

1.教訓
知識と経験、才能を結集して最大限の力を発揮するには、自覚することが不可欠だ。
自分のゲームの進め方と欠点について理解すること。

2.人生がチェスを模範する
合成すること、創造性と読み、芸術と科学を組み合わせ、単なる部分のよせ集めに留まらない全体にまとめる能力。
肝心なのは自分の頂点にたどり着くために独自の道筋を見つけること、才能を伸ばし、技術を向上させ、最高レベルに達するために必要なチャレンジを求めて勝利を得ること。その全てを実行するために、まずは計画が欠かせない。

3.戦略
最終的なゴールと中間目標を決める。
マイルストーンを設定することで成長を実感する。
必要に応じて異なるスタイルでプレーできなければならない。不慣れな分野での戦いを強いられることもある。適応能力が必要だ。
変化の必要性を認識する。
他人のことを気にするあまり、みずからの目標と仕事を見失ってはならない。

大前研一
なぜ?と問うこと。
自分の戦略を理解して、発展させるためにはたえずこの問いを抱くこと。

 他人以上の努力と集中を重ねることでトップに上り詰めている。実績を挙げている人は自己と自己のプランを信じ、努力を絶やさない。

行動を伴わない計画は無益であり、計画のない行動は破滅を招く」

4.戦略と戦術
「戦術とはすることがあるときに何をすべきか知ることであり、戦略とはすることがないときに何をすべきか知ることである」

戦略が抽象的で、長期的な目標に基づく。
戦術は具体的で、目下の最善の手を見つけることを基礎とする。

肝心なのは問い。
問うこと、そして正しい問いを見つけることが、進路をそれずに前進する鍵。日々の決断は、長期的な目標に基づいているだろうか?
強力な戦術は、強力な戦略、正確な読みが必要。

5.読み
想像力が必要。
察知するには分析に現れる傾向やパターンに敏感であること。
定期的に用いて極限まで突き詰める。
自己の決断が正しいか否かを知るために必要な作業を敬遠しないこと。

6.才能
一日の終わりに明日のためにどんな教訓を持ち帰ったか問うこと。
空想する習慣を身につける。頻繁に空想にふけってそれを習慣化し、自分の型破りな部分を開花させる。
持って生まれた才能を最大限に活かすには、批判的に自己を分析して最大の弱点を改善する覚悟を決める。

7.準備
準備したアイディアの中には使わないものもある。しかし、仕事上の作業というのは、互いに重なり合う部分が大きい。仕事の腕をあげてくれる。努力は知識につながり、無駄にならない。

第2部 評価、分析

8.マテリアル、時間、質
マテリアルとは、物資のこと。

9.交換と不均衡

10.革新-イノベーション
偉大な発見のほとんどは、予備知識と努力、系統だった思考が組み合わさって生まれたもの。
過去の例を知っておくことが、前進するために必要。
基本的な手法は、まず問題のあらゆる側面を集中して見つめ、つぎに解決が必要な疑問を特定すること。創造的な頭脳は、目前の課題についてもっともよく知る人物に宿るものだ。

エジソン
私は失敗したのではない。
うまくいかない一万通りの方法を見つけただけだ。

11.ゲームの段階
エンドゲームを意識して、ミドルゲームをたたかう。、

12.意思決定のプロセス
自分の意思決定プロセスを検証し、必要に応じて調整するためには、まず情報とプロセスを区別する。情報収集と分析を重視しすぎる場合がある。
選択肢を多くしすぎない。
決断が間違ったときに後戻りできるか、どんな代案があるのか
緊張した状態でけつだんしない。必要なら時間を伸ばす。

13.アタッカーの強み
攻撃側につく、さらにこうげきすることで力は増大し、主導権を握る。


第3部 総合力

14.成功を疑う
勝因を知るのは敗因を知るのと同様に欠かせない。成功したことを問う。

15.心のゲーム
虚栄心に程度などない。それを隠す能力の程度があるだけだ。
他人にどう思われるかどうかを気にすればするほど、体裁は悪くなる。
切羽詰まったときこそ客観的になること。

16.男、女、コンピュータ
考え方が違う人とコミュニケーションを取る。
未知の分野への好奇心。
私たちの最大の強みは、パターン、方法、情報を吸収して合成する能力である。

17.全体像
全体像をみることは、単に獲得する情報を増やす以上のことを意味している。
その情報がどう関連し、自分がどう関連するかを見つけること。

18.直感
直感とは、経験、知識、意思のすべてが集まるところである。
自分がほとんど知らない分野で働くことは無い。

19.危機状況
危険感知は独立したスキル。

エピローグ

まずは航海のプランを、すなわち戦略のプランを立てる。
次に資源を集め、慎重に配分し、必要なものを手に入れ、余計なものは捨てる。
船出したら戦術眼を鋭く保つことが必要であり、衝突から逃げてはならない。
その回避が自分のニーズにとって適切だと確認できる場合は別である。
危機と機会がないかと用心するあまり、本来の針路からそれることは禁物。
環境の変化にたえず気を配り、プラスの交換をして新しい条件を活かすチャンスを探すこと。

<今回参考にした本>