未分類

『やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~』著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン

こんばんは。今日は自己啓発です。
『やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~』(大和書房)
著者はハイディ・グラント・ハルバーソンさん。(児島修訳)

この本、メンタリスト DaiGoさんが推薦しています。
「“自分をコントロールする力”が桁外れにあがる本だ」と仰っています。

やってのける 意志力を使わずに自分を動かす [ ハイディ・グラント・ハルバーソン ]

価格:1,728円
(2018/4/7 17:12時点)

◆なぜ読んだの?
自己啓発やビジネス書も結構読みます。
目標に向かって進むときに、モチベーションを維持するのって大変なんですよね。
どうすれば動き続けることができるのか、それを知りたかったんです。

◆どんな本?
行動を起こすにはどうすればいいのか、それを維持するにはどうすればいいのか、書かれてありました。
第一章から第十三章までありますが、かなり細かくアドバイスしてくれています。

目標を達成するために必要なものは行動への意欲を持ち、それを実行することである。
意欲というのはモチベーションですね。
モチベーションを向上・維持していくためにはなぜそこを目指すのか理解すること。
そして集中力が途切れるものを排除し、計画を立てて実行していくこと。
実行したことに関してはフィードバックを行い評価すること。

こんなことが書かれている本です。
目標を目指して頑張っているけどなかなかうまくいかないという方、ぜひ読んでみてください^^

◆どの文章が心に残った?
私は印象に残っている部分は、第五章に書かれていた“目標の達成が必ず幸福感をもたらすわけではない”という文章です。
基本的な欲求をカバーすることの重要性を説いていました。
永続的な幸福感や充実感を得やすいのは「関係性」「有能感」「自律性」を満たす目標
関係性 ⇒ 人間関係を築いたり深めたりする目標、集団や他者に貢献するなど人間関係を良好にする目標
有能感 ⇒ 経験から学んだり、技能を身に付けたりすることで個人的な成長が促されるなど技能を向上させる目標
自律性 ⇒ 興味がある、楽しそう、自分の価値観に合っているなどの情熱が持てる目標

◆どんな人におすすめ?
・モチベーションを上げたい人
・目標に向かって取り組んでいる人
・目標が定まっていない人

最後までお読み頂きありがとうございました。
コメントお待ちしています!^^



0 (9)