未分類

『コンビニ人間』著者:村田紗耶香

今日は村田紗耶香さんの『コンビニ人間』です。
第155回芥川賞受賞作品。

本の帯に又吉さんのコメントで「ほんまにすごい小説でした」と書かれています。

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]

価格:1,404円
(2018/4/8 06:56時点)

◆なぜ読んだの?
文学賞を取っている作品って読みたくなるんです。
あと“コンビニ”という身近な単語に惹かれましたね。
なんでコンビニ人間なんだろう、と思いました。
本屋に行ってすぐ購入しましたね。

◆どんな本?
主人公の古倉さんはアラサーで大学のころから、コンビニでアルバイトをしています。
コンビニで働くために体調管理をして、食事や睡眠に気を付け、身だしなみも整えています。
古倉さんはコンビニがすべてなんです。

古倉さんは周りから「変わっている」と思われています。

そんな中でみんなが言う“普通じゃない”が気になっています。
普通とは何かを考えさせてくれる本です。
後半は展開に少しびっくりするかもしれません。

◆どの文章が心に残った?

今の「私」を形成しているのはほとんど私のそばにいる人たちだ。
三割は泉さん、三割は菅原さん、二割は店長、残りは半年前に辞めた佐々木さんや一年前までリーダーだった岡崎くんのような、過去のほかの人たちから吸収したもので構成されている。

この主人公は普通になるために意図的にそうしているんですが、人間って色んな人たちに囲まれて育ち、周りの人たちの価値観や考え方、話し方、服装などの外見の部分まで、恣意的かそうでないかは別として大きく影響を受けています。
そんなことをこの文章から改めて感じました。

◆どんな人におすすめ?
・コンビニ好き
・30代女性
・芥川賞を読みたい人

最後までお読み頂きありがとうございました!
たくさんのコメントお待ちしています^^