未分類

『君の膵臓をたべたい』著者:住野よる

今日は住野よるさんの『君の膵臓を食べたい』です。(双葉文庫)
住野よるさんのTwitter

表紙はイラストレーター、漫画家のloundrawさんが描かれています。
loundrawさんのTwitter

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

新品価格
¥720から
(2018/4/30 14:24時点)

◆なぜ読んだの?

私がこの本を手に取ったきっかけは映画です。
映画の宣伝で「君の膵臓を食べたい」というフレーズをきき、グロイ映画なのかと思ったらあらすじを見て全然違うじゃん!と突っ込んだ記憶があります。
読んだのは去年の2月ぐらいだったと思います。

◆どんな本?
ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。
それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて——。
読後、きっとこのタイトルに涙する。
デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、80万部突破のベストセラー待望の文庫化!引用元<双葉社>
主人公の僕とクラスメイトの桜良は正反対の性格です。
僕は他人に興味が無く、ひとりでいることが好き、読書が大好き。
桜良は人と一緒にいるのが好きで、周りから好かれ、人気者。

主人公の僕は桜良から誘われ一緒に過ごすようになります。
そこから僕はたくさんのことを学んでいきます。
最後のラストが衝撃的で、泣きました。

◆どのシーンが心に残った?
主人公の僕がカフェで桜良を待っているシーンがあります。
僕は外を歩く人を見ていました。
「あの人随分と暑そうだな、なぜスーツを脱がないのだろう」
「あの人は何かすごく楽しそう、楽しい予定でもあるのかな」
以前はこんなこと考えることは無かった。人に興味をもうことなんて無かったんです。

でも僕は選択をしました。彼女と旅行に行くことを彼女と笑うことを。

自分が選択をしてきたから今がある。本当に感動しました。
住野よるさんの小説はまたブログに書きたいと思います。

◆どんな人におすすめ?
・読書が不慣れな人
・生きることについて考えたい人
・前に進みたい人

最後までお読み頂きありがとうございました!
コメントお待ちしています^^

81EKy0A6SmL