未分類

本の内容を覚えやすくする方法『一度読んだら忘れない3つの読書術とは?』メンタリストDaiGo(Youtube)

本を読んでもすぐに忘れてしまう。
そんな悩みを持っている人は多いです。
でも少し工夫するだけで、読書後の記憶の定着を高めることができます。
その方法をご紹介します!

メンタリスト DaiGoの
『一度読んだら忘れない3つの読書術とは?』をまとめました。

↓動画はこちら
 

<メンタリスト DaiGo>
Youtubeチャンネル→https://www.youtube.com/user/mentalistdaigo

書籍→https://amzn.to/2vVnFb6
ブログ→https://daigoblog.jp/
<ブログ管理人>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze
書籍→https://amzn.to/2uyLaWW




本の内容を覚えていれば活かしやすくなる

本の内容を覚えることで、活かしやすくなります。
アウトプットの効率が上がるのです。
ポイントとしては以下の3つ
・読む前にすること
・読んでいるときにすること
・読んだあとにすること
それぞれ紹介していきます。

①本読む前に1番最初にすることは目的を決めること

これはよく言われていることですが、本を読む前に何を得るのか決めましょう。
ちゃんと根拠があります。
なぜなら人間の脳は意味のある事しか記憶できないからです。
人間の脳はエネルギーを節約しようとするので、自分の興味を持っているものや意識があったものを記憶するようになっています。
それ以外の記憶については忘れるんです。
そうしないと脳がパンクしてしまいます。 
読書する時のポイントは脳に興味を持たせることです。
ただ知らない本を読む前に内容も知らないのに目的を決める事は難しいことです。
他の方法としては、目次を見て何が書いてあるか予測すること。
目次をみて、内容はこんな感じかな?と予想することで、その部分を脳に意識させることができます。
特に予想が外れた方がインパクトがあって覚えやすいです。



②読んでいて気になるところは自分の言葉で要約する

読んでいる間に意外なところが見つかっても、そのまま読み進めてしまうと内容は思い出せず、「意外なところがあった」という感情だけが残ってしまいます。 
人間はもともと他人の言葉が残らない性質があります。
あくまでも、自分が経験したことが残るんです。 
意外なところがあったら、自分の言葉でそれを要約することが大切です。
例えば、本を読みながら残しておきたい言葉をスマートフォンにメモし、その下に自分の感想を書く。
そうすることでその情報が自分の感情と結びつき、記憶に残りやすくなります。

③本読み終わった後はクイズ形式にして思い出してみる

人間の脳は思い出そうとするときに記憶に残ります。
本の感想を人に話したり、ブログに書いたり、レビューを書いたりすると同じ効果が得られます。
思い出してアウトプットするからです。
 
もし本の内容がすぐに出てこなくても、しばらく思い出そうと頑張ることが大切です。
 
思い出すのに難易度高いほど記憶に残りやすいです。
<まとめ>
1、本を読み進める前に目次クイズを作る 
2、気になった内容を自分の言葉で要約する 
3、読み終わった後は思い出しながらアウトプットする




<ブログ管理人:春風誠>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze