未分類

ベゾスの生き方『【偉人伝】amazon創業者ジェフ・ベゾス!世界一の大富豪の成功哲学に迫る/中田敦彦のYouTube大学』

Amazonの創業者ジェフ・ベゾス
2019年時点で世界最大の資産家です。
最近ハマっている
で紹介されていたのでメモ的に残しておきます。
どのようにして世界最大の資産家に上り詰めたのかを知ることで、何か得られることがあるはずです。
動画 前編

動画 後編
中田敦彦のTwitter

中田敦彦のYouTube大学
https://www.youtube.com/channel/UCFo4kqllbcQ4nV83WCyraiw

中田敦彦の著書
<ブログ管理人>
Twitter→https://twitter.com/makotoharukaze
note→https://note.mu/makotoharukaze
書籍→https://amzn.to/2uyLaWW






学生時代から優秀

ベゾスは1982年に卒業生総代を務めました。
昔から優秀でリーダー的な存在だったというわけです。
大学はプリンストン大学で優秀な工学徒としてタウ・ベータ・パイにも選出、宇宙探査・開発のための学生組織のプリンストン支部長にもなっています。

ベンチャー企業に入った

1986年年にプリンストン大学を卒業したベゾスはインテル、ベル研究所、アーサー・アンダーセンなどのいわゆる大企業からオファーを受けました。
しかしベゾスはそこには入社せず、Fitelというスタートアップ企業に入社します。
ここは一般的な優秀な人と違うところですね。
その後、いくつかの企業に転職し自宅ガレージでAmazonを起業することになります。

インターネットの時代がくると気づいた

ベゾスはインターネットに目をつけました。
ここが面白い。
ベゾスはそれが本当なのかを確かめるためにウェブのトラヒック量を調査します。
するとウェブのトラフィック量は前年から2000倍以上も増加していることが分かったのです。
ベゾスは今しかないと確信しました。
分析を徹底的におこなったうえで、結論付けたのです。


Amazon設立

1994年7月にAmazonを起業。
会社の名前はは南アメリカのアマゾン川にちなんだもので、アルファベットの最初の文字であるAから始まるという意味合いも一部にはあったそうです。
最初はオンライン書店から始めました。
なぜ本なのか??
ベゾスはもともと本を売ろうとしていたわけではありません。
それは実店舗よりもネットが勝っていることをリストアップしました。
その中で本は
・価値が下がらないこと
・腐らないこと
・書店と違いすべての本を陳列できる
以上のことから本を選んで販売しはじめました。

徹底的な顧客主義

Amazonは徹底的な顧客主義です。
僕たちにとっては当たり前の機能もAmazonが始めたものが多い。
・ユーザーレビュー
・類似商品の推奨
・全ランキング制
・中古品販売
・1クリック注文
ベゾスは「Amazonは商品を販売しているのではなく、利便性を販売している」と言っています。
この徹底的な顧客主義がAmazonが大きくなった一つ理由でしょう。

フォーブス世界長者番付1位に

2018年にベゾスは世界長者番付1位になりました。
2019年も引き続き首位を維持しています。

参考→世界長者番付、ジェフ・ベゾスが2年連続首

<今回参考にした本>