各種予測

『正欲』はいつ文庫化されるのか?


関連記事:『正欲』はいつ映画化されるのか?

大人気の文庫化予測シリーズ。
今回は直木賞作家である朝井リョウさんの著書、『正欲』がいつ文庫化されるのかを予測します!
他作品の文庫化予測もしていますので、よろしければそちらもご覧ください!
精度はかなり高い自信があります!

『正欲』ってどんな本?

まずはこの本、どんな本なのでしょうか。
この作品は朝井リョウさんの作家生活10周年記念作品です。

ある人物の事故死をきっかけとして、各種の問題を抱えている検事、女子大生、秘密を抱える契約社員など、複数の人間の人生が重なり合う、そんな物語です。

様々な著名人が絶賛のコメントをしており、ネットでもかなり話題となりました。
ちなみに、第19回の本屋大賞にノミネートしており、第34回柴田錬三郎賞受賞作でもあります。

文庫化はいつごろか?

さて、本題の文庫化はいつなのか。
朝井リョウさんのいくつかの作品の実績から、予測します!

『もういちど生まれる』
単行本発売日:2011/12/9
文庫本発売日:2014/4/25
 →文庫化まで約2年4ヶ月

『どうしても生きてる』
単行本発売日:2019/10/10
文庫本発売日:2021/12/9
 →文庫化まで約2年2ヶ月

『何者』
単行本発売日:2012/11/30
文庫本発売日:2015/6/26
 →文庫化まで約2年7ヶ月

概ね2年~2年半で文庫化されています。
この作品は各種メディアで話題となっているため、文庫化は早くなると予測します。

よって単行本発売日の2021年3月26日の2年後、
2023年3月26日と予測します!

文庫化される前に絶対に読んだほうがいい!

文庫化を2年後と予測しましたが、早く読んだほうがいいです。

このような答えのない物事に対して、暗喩的に問題提起をしている作品は多くありません。
絶対に早く読むべきです!

文庫になってから、と考えていては今、現時点の価値観で読むことはできません。
今、単行本で読み、その後文庫化されてから再読すると、また違った視点で読むことができるのでおすすめです!
 
絶対に文庫化を待つ前に読むべき作品です!

今日の一言

今の世の中では、検索すればある程度の正解が導き出せます。
そのようなテクノロジーの発展によって、人は何にでも答えがあると思いこんでいるのです。
しかし、この世界に絶対的な正解があるものなんて無いと思います。
正解があると思いこんでいるうちは、考えることをやめてしまいます。

小説は、そのような凝り固まった脳を柔軟にする力があると思います。

ブログ運営者/各種紹介

Twitter

書籍