各種予測

『正欲』はいつ映画化されるのか?


今回は朝井リョウさんの大人気小説「正欲」がいつ映画化されるのか予測します。

関連記事はこちら:『正欲』はいつ文庫化されるのか?

どんな本?

まずはこの本、どんな本なのでしょうか。
この作品は朝井リョウさんの作家生活10周年記念作品です。

ある人物の事故死をきっかけとして、各種の問題を抱えている検事、女子大生、秘密を抱える契約社員など、複数の人間の人生が重なり合う、そんな物語です。

様々な著名人が絶賛のコメントをしており、ネットでもかなり話題となりました。
ちなみに、第19回の本屋大賞にノミネートしており、第34回柴田錬三郎賞受賞作でもあります。

映画化はいつごろか?

過去の実績から映画化される時期を予測します。

「何者」
 単行本:2012/11/30
 文庫本:2015/6/26
 映画公開日:2016/10/15

「桐島、部活やめるってよ」
 単行本:2010/2/5
 文庫本:2012/4/20
 映画公開日:2012/8/11

文庫化までは2~3年。映画化は同時期です。
映画の宣伝とともに、また本が売れます。
そのときに文庫本が出る可能性が高いです。

私は過去に、この作品の文庫化を予測しています。
参考記事:『正欲』はいつ文庫化されるのか?

文庫化の発売時期を2023年3月26日とすると、おそらくその3ヶ月後くらいには映画化されるでしょう。

そこで私は2023年6月26日に映画が公開されると予測します!

映画を観るまえに絶対に原作を読むべし!

この本、めちゃめちゃ面白いです。
ただ面白いだけじゃないんですよ!

読み終えたときに、何か問われているような気がするんです。
でも、それが何なのかははっきりとわからない。
ずっと考えています。

もしかすると、
「考え続ける」
これが、この本のテーマなのかもしれません。

本を読むのが苦手な方も、オーディオブックがあるのでおすすめですよ!

今日の一言

夏から秋に変わるタイミングで気温は下がります。
日が落ちるのも早くなっていきます。
匂いも、夏のそれとまた違うものになります。

この変化のタイミングで、いつも懐かしい気持ちになるんですよね。
何かは思い出せないんだけど、何かがそこにあるような感覚。

失恋のようでもあるし、付き合いたてのような新鮮な感覚があります。
ひとことで言うと「キュンとする」ということでしょうか。

季節の変わり目は身体的な体調はもちろんですが、精神的にも変化しやすい時期です。
こんな時期はゆっくりとした時間を過ごしていきたいですね。